携帯

毎日オンライン英文添削なら

SAKUTEN 

    毎日の英文添削が    

​  わずか8,000円 

サブスク型英文添削サービス
あなた専属のコーチから

毎日フィードバックが届く

毎日、生徒様の英文を添削し、添削を通して文法や自然な表現を丁寧に指導するサブスク型オンライン英文添削コースです。

「ネイティブの英文添削を受けたいが費用が高い」「英文メールを作るのに時間がかかりすぎている」「自分の作る英文やフレーズがワンパターンになっている」

そのような方のために誕生したのが英文添削コースです。

毎月わずか8,000円で英語のプロによる添削を受けることができます。

LINEで簡単お申し込みはこちら

英文添削で成果をだす3つの特徴

--------  FEATURE ---------

S__7479347.jpg
毎日の英文添削が
たった月8000円

​毎日英文添削を受けて、たったの月額8000円。1日わずか266円で丁寧な英文添削指導が受けることができるのはLearnFitだけ。

携帯
LINEでスキマ時間に
簡単に英作文を送信

毎日課題がラインで送られてくるので、隙間時間に英文を作って送信すればOK。忙しい方でも毎日のラインで学習のモチベーションも維持できます​。

データの分析
経験豊富なコンサルタントが英文を丁寧に添削

正しい英文だけではなく、英語を書くときの癖や課題も明記してくれているので、ライティング力をより向上させることができます。

​サービス一覧

--------  SERVICE ---------

​英語日記添削

​毎日、日々の出来事を書いてもらい英語でまとめるトレーニングです。

​日替わり英作文

​英語コーチから毎日日替わりの課題が出され、そのトピックに沿って書いていただきます。

​メール課題添削

ビジネスメールの書き方を学ぶ課題が毎日出され、それに沿って英作文していただきます。

--------  SAMPLE  ---------

英語のプロから丁寧な添削が毎日届く!

添削.jpg

Points 

- Actually → In fact

どちらも「実は」という意味で、大きな違いはないのですが、一般的に前の文章に内容を繋げたい時は "In fact" を使うことが多いです!今回は「昔はスポーツをする方が好きだった」からの「実は、学生時代はサッカークラブに入っていたことがある」という前後の文章のつながりがあるので "Actually" よりも "In fact" のほうが適しています。

- I couldn't have time → I didn't have time

「時間がなかった」とだけ言いたい場合は、時間がなかった事実だけが重要で「できる・できない」は関係ないので「~できなった」という意味の "couldn't" は使いません。ですが、「時間を作ることができなかった」など、「できない」というニュアンスを文内に入れる場合は "I couldn't make the time" "I couldn't get the time" "I couldn't take the time" などという言い方もあります。

--------  PRICE ---------

​料金

​月額​プラン

8, 000 円​(税込)/ 月額

​3日間無料トライアルのお申し込み

※3日間の無料トライアルを行うためにはクレジットカード情報の入力が必要です。トライアル途中での解約はいつでも承ることが可能です。